新生銀行レイク
レイクなら「180日間無利息キャッシングがおすすめ」!
・初めての方で、5万円までのキャッシングなら無利息キャッシングが利用可能。
・180日と30日無利息キャッシングから選択できます。
・どちらがお得なのかレイク公式サイトでシュミレーションが可能。
・即日振込にも対応。来店が不要でキャッシング申込した日に借り入れ可能。
・まずは、公式サイトから借り入れ診断をしてみては・・・・
*無利息期間経過後は、通常金利が適用されます。

詳細ボタン

最高融資額 実質年率 評価
500万円 4.5%~18.0% <% metaKeywords %>
アコム
無利息サービス開始しました♪ アコムで借入れがはじめての方なら最大30日間の金利がゼロ円です!
急いでお金が必要な場合などアコムならスピーディーな対応が可能!
最短30分で借入できるかの審査回答!
いつもで返済できて利息は利用した日数分だけ!
ネットやATMから24時間お借入、返済ができます!
アコムで借入すれば、メールで事前に返済期日を知らせてくれるので安心ですよ♪

詳細ボタン

最高融資額 実質年率 評価
1万円~500万円 4.7%~18.0% <% metaKeywords %>
楽天銀行のカードローン
主婦でも安定した収入が証明できれば申込可! 主婦の人でもアルバイトやパートをしており、安定した収入が証明できれば申込みができるカードローンなんです。お財布に1枚入っていたら便利なカードかも!?
限度額が200万円以下なら収入証明が不要!
ご入会で楽天スーパーポイント1,000P進呈!
楽天銀行のカードローンで、おトクに 【 借 り 換 え 】 しませんか?
★安心の低金利 ≪ 年利4.9%~14.5% ≫
★おまとめローンとしても利用可能

詳細ボタン

最高融資額 実質年率 評価
500万円 年4.9%~14.5% <% metaKeywords %>
プロミス
★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断! ・自動審査で即回答!3項目の入力で3秒診断★
・・キャッシングならプロミスにおまかせ!安心&便利♪
・はじめてご利用のお客さまにプロミスポイントサービスにお申込みで
・《30日間無利息サービス》実施中!利息0円!
・平日14時までにWEB契約完了で<当日振込>
・来店不要で即日回答!スピーディにご対応!プロミスなら安心&便利♪

詳細ボタン

最高融資額 実質年率 評価
300万円 4.5%~17.8% <% metaKeywords %>
モビット
即日融資の審査スピードが早い♪ 家族にもバレずに借り入れできるWEB完結(パート・アルバイトは申込できません)
一般の申込ならパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能
即日振込は平日14:50までに振り込み手続き完了で可能
契約が完了していれば全国に多数あるローン申込機で即日カード発行可能なのでその場で借入可能。(※即日融資は審査結果により不可能な場合があります)

詳細ボタン

最高融資額 実質年率 評価
500万円 4.8%~18.0% <% metaKeywords %>

カードローンって主婦でも借り入れできますか?

カードローンは申込みをして審査にとおると契約されて、カードを使い借入れが利用できる商品です。

そんなカードローンですが、主婦でも借入れができるのでしょうか?

☆総量規制☆

年収の3分の1を超える借入れは禁止されている制度です。
賃金業法で総量規制は設定された制度です。

つまり基本的には収入の見込みがない場合は借入れが禁止されています。

仮に専業主婦などで収入がない場合は総量規制対象の商品では借入れができません。
そしてアルバイトやパートで勤められている主婦は総量規制の対象でも借入れができます。

しかし銀行は賃金業法とは関係ありませんので、総量規制対象外になります。
総量規制対象外の銀行であれば専業主婦もカードローンを使用できるのです。

主婦をターゲットにしたカードローンも沢山出ています。

☆パートやアルバイトなど収入がある場合は総量規制対象でもOK!!☆

まずパートやアルバイトにでている主婦は、正社員でなくても
安定した収入があると見込まれますので、借入れがしやすいです。

収入によって限度額が設定されますし、基本的に信頼はうすくなりますので、借入れ限度額は高くないといえるでしょう。

正社員に比べるとやはり信用度が低くなるのが現状なのです。
しかし収入がありますので、プロミスなどの消費者金融系のカードローンでも
借入れが行えます。賃金業法が定められている総量規制ですが、収入があるので、消費者金融はパートやアルバイトをしている主婦であれば貸し出す事が可能になります。

☆専業主婦の場合は☆
専業主婦の場合は総量規制の制度によると借入れする事は禁止されています。
銀行は総量規制対象外になりますので、銀行のカードローンしか
借入れができません。

しかし配偶者が安定した収入がある事が条件です。
配偶者も安定した収入が見込めないのであれば返済能力がないと考えられますから
信用取引が出来るわけがないのです。

そして専業主婦専用のカードローンは借入れ限度額も低く設定されています。

イオン銀行などでは専業主婦でも申し込めるカードローンがありますので
一度ご覧になってみて下さいね。

銀行カードローンと消費者金融の違いって?

融資を受けようと思うんだけど、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの違いは何なのだろう?

と思う方は多いはずですね。ではどういう所が違うのか調べてみましょう。

消費者金融系は総量規制の対象になっている。

賃金業法で定められている制度に総量規制という制度があります。
この総量規制という言葉の意味は、年収の3分の1以上の借入れする事を
禁止されている制度なんですね。

消費者金融系の融資はこの総量規制対象となっていますので、例えば年収が300万円の方が消費者金融系の会社に借入の申込みに行った場合ですと、他の会社に借入れがない事が前提ですが、借入ができる限度額は年収の3分の1ですと、100万円までしか借入が出来ないという事です。

消費者金融もそれ以上の金額を融資する事は禁止されているのです。

しかし銀行のカードローンでは総量規制の対象外となります。
銀行では銀行法とう法律があるので総量規制の対象外となるのです。

なので銀行では年収の3分の1の額を気にせず借入が希望できるという事なのです。

という事で、消費者金融は年収の3分の1しか借入れないが、銀行はそれ以上の
借入ができる。という事ですね。

その他の違いは

・銀行は

融資額の多さに加え、銀行ややはり安心のできる融資が希望できます。
しかし銀行はその信頼に答える為に審査がきっちりされる事になり、審査が厳しいと言われています。きちんと定職に就いていて問題がない場合でしたら審査はそこまで気にする必要はないと思われます。そして融資に対しての金利が消費者金融よりも安い場合が多いです。

・消費者金融は

消費者金融では、なんといっても簡単に申し込みができるという違いがあるでしょう。審査時間も早く、即日融資が可能な会社がほとんどです。そして利用できる審査の条件も銀行に比べると低く、借入がしやすいという場合が多いのです。すぐお金を用意したい!!という場合は消費者金融が融資時間が早いでしょう。

このような違いがありましたね。借入をする際には自分にあった会社を選んでください。

借り入れの資金使途って制限などあるの?

借入れを希望する場合はお金が必要な色々な理由があるでしょう。
では、融資を受ける為には何にお金使いたいのかの理由を示さなければいけないのでしょうか?

☆使途が決められている「住宅ローン」や「車のローン」

借入れではさまざまな種類が存在します。
例えば、お家を新築で買う事になったとしましょう。凄い大金だから買い物のように
現金で買う人は中々いませんよね。こういう場合たいていの方はローンを組まれるでしょう。
住宅を買う為にお金を借入れるのです。こういう場合には住宅の為に借入れを行う「住宅ローン」となります。

その他自動車を新しく買い替えるなどの場合、例えば300万円の車を買いました。
この場合も車を買う為にローンを組まれる方が多いでしょう。
先にローンの会社に立て替えて支払ってもらい、毎月3万円~5万円を返済していくのです、これを「自動車ローン」lといいます。

この住宅ローンや自動車ローンの場合は家や車を買った会社がローン会社と直接手続き行ってくれます。つまり私たちの手元にはお金が一切入ってくる事はありません。

つまり何かの目的があって借入れをし、ローンはその商品の為の借入れになり、使途が決められています。

☆使途が決められていない「キャッシング」や「カードローン」

キャッシングやカードローンは現在融資を受けている件数がとても多い商品です。
このキャッシングやカードローンの特徴は使途が設定されていないという事でしょう。

キャッシングの場合はどちらかというと小さい借入れ額の設定でカードローンの
場合はどちらかというと大きい借入れ額の設定になっています。

キャッシングは「どうしてもこれが買いたいな!今月お金がないけど借入れをして買おう」などと少しの金を借入れしたい時などの向きますね。

「少し大きいお金が必要だな。今月は息子の入学式もあるし、引っ越しもしたい」
など、大きい金額が必要になる場合などはカードローンの借入れを希望する方がいいでしょう。

どちらの商品の使い道はなんでもよく、特に申込みの際に使途を連絡する必要はありませんので、自分の好きなように借入れて必要な事に使い、返済を行う事ができるのでとても便利な商品といえるのです。

しかし何でも使えるからといって次々に買い物をしたりして使いすぎて返済が
難しくならないように気をつけて借入れを行って下さいね。